忍者ブログ
[2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"酸化は、物質が電子を失うことです。鉄がさびたり、食用油や魚肉が腐ったりするのは、それぞれの物質が持っていた電子を空気中の酸素に奪われた結果なのです。
逆に還元とは、電子を一つ与えられることです。私たちの身体の中で、ミトコンドリアは食物をエネルギーに代えて、そのときに、電子を一つ酸素に与えます。このとき酸素は、還元されたわけです。
活性酸素は、相手を酸化する力を持っています。つまり、相手から電子を奪いとる力を持っているのです。どこかに電子を奪いとる相手はいないか、いつも狙っている強盗団のようなものなのです。
もっと簡単な例で説明してみたいと思います。
たとえば、株の売買を例にとって考えてみましょう。4万円ぐらいした株がバブル崩壊後1万数千円になりました。これは、損をしたという面ばかり強調されますが、反対に得をしている人もいるのです。

視力がグングン上がる二つのツボ②
イモリなどは、目をえぐり出しても、再生して再び目が見えるようになるし、トカゲの尻尾の再生能力などは、誰でも知っていることである。
人間は進化の途中でそういう能力を喪失してしまったが、本能的な記憶としては、まだ再生可能だった時代の記憶を遺伝子のどこかにとどめているらしい。
そして、再生作業に取り組もうとして、失った組織の周辺に新鮮な血液を送り込む。
が、一種の「見果てぬ夢」で、永久に組織の再生は起こらないから、身体も永久に再生に取り組み続ける。
身体全体のエネルギーの総量は変わりがないから、家庭内に無駄飯くらいの居候を抱え込んだようなもので、この無駄なエネルギーのツケは必ずどこかに回ってくる。
そして、心臓の負担が大きくなって、寿命を縮めるのである。
では、身体は、どうやって組織の一部が失われた、という情報を得るのだろうか?" カイフとは?@視力回復
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 斜視の症状と処置 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]